まだまだ登り隊

好きなことはトコトコ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |

    表妙義縦走

    0
      の字に登るのは表妙義

      前日 物見の岩で、高度感とロープに体を預ける特訓♪
      即席だけど登山隊結成きらきら
      みんな、高いとこ好きだよね〜ちゅん
      目がキラキラしてますピカピカ


      それでは、本番に行ってみよう矢印上

      6時20分 妙義神社からスタート
      7時20分 簡単な鎖場を通過して。大の字に登ります。
           ハーネスに繋がっているデージーチェーンのカラビナを
           鎖に掛けて進みます。


      7時40分 奥ノ院 
           4連30mの鎖
           最初の関門。
           もしここで、ビビったら、表妙義縦走は、やめといた方がいいかなぁ〜って岩場です。



      メタボちゃん測定の場びっくり&はてな
      サイズ制限あります笑う
      女子は、クリアー感謝
      男子は?ザックが大きいので大変そうDocomo113


      鎖の連続だけど、余裕の笑み


      9時   大ノゾキ
           滑り台状30mの鎖
           じっくりクライムダウンしたい所だけど
           鎖を頼ってどんどん下ってくださーい!


      9時55分 表妙義の最高点1103.8m
           ここで10分休憩


      紅葉の時期に登りたいが実現 やったぁ〜

      12時30分 鷹戻しは、傾斜75°ほどの壁に数段の鎖が60m続く。
           ここが表妙義で一番の核心部。
           ここを懸垂下降するパティー。
           プルージックで登るパティー。
           全くフリーな状態で下って来る単独。
           ここで大ストップ。
           待っているテラスは狭く、
           落石も頻繁にある。
           上に気を着けながら、ささっとエネルギー補給。
           鎖が空いたのを見計らって すかさず5人登攀開始。
           安全な場所で待つ。
           しばらくすると、
           順番にみんなが登ってきた。
           満面の笑み!ヤッタゼ!って感じ。
           最高にいい顔してる。


      1時10分 ルンゼ内2段25mの鎖
           鷹戻しもそうだけど、ここも重傷事故が多い場所。
           ここは、安全に懸垂下降。


      写真中央右寄りのクラックに見えるところが、懸垂下降したルンゼ



      写真中央に白く見えるのが3段30mの鎖
      ここまで数えきれない程鎖を下ってきたので、
      みんな余裕の下りです。


      15時 第4石門に到着!
         写真中央奥に見えるのは大砲岩

      15時40分 中ノ嶽神社
            デカっ!日本一の大黒様の後ろ姿 まーるくてカワユイ。

      15時45分 広い駐車場に下山
            雨がパラっ?
            ギリギリセーフだった。
           
      道の駅まで車で戻って、ここで解散。
      2日間に大満足。
      みんな みんな ありがとう ございました。

      20年以上前に2回登っている表妙義縦走

      記憶は、ほとんど失われていたけど、
      第四石門は、思い出の場所。

      次回は、いつ!かなぁ・・・・








       
      登山 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      堂津岳

      0
        5年前より始まった、鬼無里(関係者)有志の方々による、

        登山道整備は、ついに堂津岳(1926.5m)山頂まで到達!


        登山道整備完了の翌週、堂津岳に登らせていただきました。



        最後の核心への登りです。




        360°の展望です。


        マユミ

        紅葉の見ごろは、来週かな・・・

        笹竹の切り口が、鋭いですので、トレランシューズは、大変危険です。

        しっかりした登山靴で登ってくださいね。

        これから、どんどん堂津岳に登る人が増えたら

        登山道は、さらにしっかりしていくとおもいます。

        堂津岳登山道整備をしてくださった、

        ボランティアスタッフの皆さん

        堂津岳は、すばらしい山でした。

        本当にありがとうございました。

        これからも、何度も登らせていただきます。

         
        登山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        初めてのテント泊!!

        0
           3連休 晴れましたね〜

          土日で湯股でテント泊してきました

          高瀬ダムからアップダウンがほとんどない道を進みます。



          先週 東沢岳から先で、エメラルドグリーンの高瀬ダム 見下ろせましたから、

          途中、気にしていると、餓鬼岳 方面 確認できました。

          下から見ても、かっこいいなぁ。



          最後に吊り橋を渡ると、湯股です。


          さっそく、テント設営です。

          どんな場所に張るか、

          気を付けることは?  etc・・・

          張り綱のロープワークは、

          みんな覚えようと 繰り返しやってくれました。

          なので私のとっておき 教えちゃいます


          食事メニューは、みんなで考えて買い出して、

          担々ゴマ味のお鍋です 

          お野菜たっぷり 肉ガッツリ  

           おなか一杯になりました。

          とりあえず ごちそうさま して


          7時ころ、晴嵐荘でお風呂に入りました。

          最高に気持ちよか〜


          それからまた宴会です



          私の担当1班さんは、女の子だけで

          大きなテントの中は余裕だったのだけど、

          今夜の私のお宿は、



          こちらでーす。

          日が沈まないうちから、生地に水滴がつき始め 

          ツエルトに潜り込むころには、内側までしっかり濡れてましたね

          シュラフカバーに入ってしまえば問題ないです

          (モンベル ダウン#5)

          朝まで、久しぶりにぐっすり眠れました


          朝食後、墳湯丘 まで お散歩です。



          墳湯丘の近くで
           湯かげん ちょうど良いとこ探して
          足湯してるところです。
          ポコッ ポコッ と足元で湧き出していて
          あチッ 

          展望台からは、北鎌尾根 槍ヶ岳 三俣蓮華岳  

          燕 方面も見えました。



          晴嵐荘前で女の子だけで



          七倉荘でソフトクリーム

          これが食べたくて、1班さん到着一番乗り

          二日間 お疲れ様でした〜









          登山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          燕岳〜餓鬼岳 日帰り

          0
             餓鬼岳に登りたい。

            そんな思いがどんどん膨らんで・・・・



            お楽しみの3連休だというのに、「台風マーク」

            晴れ間があるのは、初日の9/14だけ

            しかも お昼からは、天候が変わるようだ。



            とりあえず満天の星空

            中房温泉を出発



            金色に染まる。

            3時間ほどで燕山荘着。

            槍ヶ岳へと続く表銀座コース。 

            そして 北鎌尾根。

            なんと贅沢な眺めでしょう。






            燕山頂からは、立山・劔


            2723の分岐点
            ここで進行方向が90°かわる。

            ここまでの道のりは、絶景申し分ない 幸せなひとときだった・・・・


            ここからはというと、


            どのように餓鬼岳に道が繋がっているのか

            どうにも現実をうけいれがたい。

            とりあえず、

            目の前に立ちはだかる東沢岳に向け、

            ひたすら下れ!

            どんどん下ります。

            そして下りきったところが東沢乗越

            (ここをさらに下ると中房温泉に戻れるという分岐点。)

            再び東沢岳にむけて一気に上る。

            やっとたどり着いた東沢岳山頂は、以外にも山頂標記がない

            ここから餓鬼岳山頂までコースタイムで3時間。

            アップダウンの連続だけど しっかりした岩場が続く。



            大崩していたところは、足元がサラサラと崩れていく

            とても不安定。

            山側斜面を気にしながら慎重だけど迅速に通過。



            再び、餓鬼岳山頂が望めるあたりに飛び出し、

            見上げると

            ピナクルに何かが?!



            おサルさんです。

            「珍しく人間が登ってきたぞ」と思ったかな。

            この先も下り登りを繰り返し、

            14時 餓鬼岳山頂に到達した。



            あとは、下るだけ?では、済まなかった。

            ここからが、本日の核心だった。

            ここまで行動時間10時間。


            下山路は、極悪路。緊張の連続。

            水分を摂っては、滝のように流れる汗。

            塩気のある行動食がありがたい。

            17時、水場に辿り着いた。

            川に飛び込みたいぐらいだったけど、



            頭から水をかぶり、手や足を濡らし、上昇しきった体温を鎮めた。

            元気が戻った。

            ここでヘッドランプをすぐ使えるように頭に装着



            滑りそうな河原渡渉の繰り返しも、

            水場に出てからの岩場歩きは楽しかった。

            やがてヘッドランプを点灯

            白沢登山口18時30分到着。


            長い長い1日だった。


            不眠不休42時間。


            餓鬼岳 孤高の山

            すばらしい山歩きをありがとう。

            そして

            お付き合い いただいた、良き 山仲間


            本当にありがとうございました。






             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   また、登りたい。









             












            登山 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

            お誕生日

            0
               高校受験を前に、長男ネタロウがつぶやいた

              「高校生になったら、また山に行く時間あるかな・・」

              中学3年間は、部活中心で駆け抜けたので、

              小6の夏休みに剱岳に登った以来 山はお預けだった。

              ・・
              ・・

              ネタロウ高校生になって初めての夏休み・・

              2人の誕生日に、山に行く計画をたてた。

              あいにく8月2日は、雨模様

              翌3日

              もう日にちがないので、多少の雨はしかたない!

              と決め込み、2人で山へ




              向かったお山は、唐松岳



              八方池山荘から2時間ほどで山頂に到着

              9時半

              思いがけなく 晴れました 




              大好きな 立山連峰も みれました 

              ずいぶんゆっくり山頂を楽しんで、頂上山荘前でものんびりして



              復路も景色を充分楽しんで、黒菱平に13時半

              『 山の神様 』 から2人への誕生日プレゼントは、

              素晴らしい景色 と 人とのコミュニケーション




              ヒメネズミ も 可愛かったし 


              やっぱり 山は いいね〜

              本当にありがとう 



              ちなみに中学生になった 弟タクドンは、

              泳いでいるか

              食べているか

              寝ているか



              ゴーグルの型に日焼けしたパンダ








              登山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              夏山入門コース「小屋泊まりin唐松岳」

              0
                 最高のお天気!



                 2日間 よろしくお願いしまーす。



                今年は例年より残雪が多いですね。




                唐松岳頂上山荘に到着すると、




                まゆちゃんのお出迎え



                ナント まゆちゃんは、単独  ステキだwa〜


                今日は、私もお仕事なので・・・

                「気を引き締めなくちゃ。」

                お互いアイコンタクトを送ります。



                夕食後、



                雲海は切れ、剱が再び


                日帰りでは、なかなか見れない景色。


                翌日も、晴天



                シラネアオイの群生は、見事




                お天気に、助けられたかな・・・

                学ぶ事が多い、2日間でした。
















                登山 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

                〜南アルプス〜 鳳凰三山

                0
                   『南アルプスに登ると必ず見えるオベリスク』

                  なぜか、今まで登る機会を逃していた鳳凰三山

                  〜テン泊で、のんびり〜

                  青木鉱泉 7:30発→

                  ドンドコ沢 → 

                  迫力ある滝が4か所、

                  ひたすら登りの工程を癒してくれる。




                  五色の滝



                  鳳凰小屋 着 12:15

                  早々 テント張って、のんびり〜

                  19時には、




                  キバナノアツモリソウ


                  鳳凰小屋 5:40発



                  地蔵岳への最後の登り




                  オベリスク




                  富士山は、近かった。

                  富士山山頂は、ずっと雲の中

                  風が強そうだ





                  ルート中 唯一の残雪(地蔵岳山頂付近)





                  観音岳山頂付近から見る、地蔵岳のオベリスク

                  その後、猛烈な風、

                  向かい風では、動けない程。

                  低体温症になったらやばい

                  あわててウインドブレーカーを着こむと、

                  急に雨が降ってきた

                  でも、すぐ止んだ



                  薬師岳山頂で青空が見えた。9:30

                  まるで 白浜の様な風景

                  その後 また 猛烈な風

                  その風で、10キロ程の重さのザックがコロコロ転がった

                  薬師岳 標高2780mで

                  風神様が、夏への扉を開く瞬間に、立ち会ったって感じかな


                   
                  次回は、ビキニ持参で記念撮影 




                  青木鉱泉着 14:00 

                  下界は、暑かった。

                  この日、関東甲信越地域 梅雨明け


                  いよいよ

                  夏だ〜









                  登山 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

                  虫倉山

                  0
                     晴れたらいいな〜

                    梅雨なので雨しかたないかな・・・



                    虫倉山に登りました。

                    晴れていれば、パノラマ素晴らしいのだけど・・・



                    意外にカッパは、着ないですみましたが、な〜んにも見えませーん

                    それにしても

                    山を歩いた時間より、登山口に辿り着くまでの方が

                    時間がかかった

                    恐るべし、虫倉共和国










                    登山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    リハビリ その4 八方睨

                    0
                       もうちょっと早くお天気が回復すると思っていましたが、

                      結構シトシト降っています。



                      タニウツギ


                      岩場に辿り着くまでには、岩が乾いてほしいなぁの願い叶わず、

                      太陽が出てくれないので、岩場はウエット

                      蟻ノ戸渡りは渡らず、エスケープルートを選ぶ。

                      それにしても、エスケープルートの場合、

                      いったん壁を5m程下らなければならない。

                      岩が乾いている時だったら、鎖を頼りに慎重に下るのは、

                      そんなにやばくない。

                      でも今日のようなコンデションの場合は、万が一予想外に足を滑らして

                      鎖から手を離してしまったらおしまい。

                      こういう場面では、ハーネスを装着して、たこ足を掛けて安全を確保したい。

                      ハーネスまでいかなくても、テープシュリンゲ(大小)とカラビナを使って代用したい。

                      一番は、ここで引き返す勇気が必要なんだろう。


                      エスケープルートをとったとしても、

                      最後の剣の刃渡りは、5mほど渡らなければならないことをお忘れなく





                      本当は、一不動から牧場に廻るつもりでいたのだけど、

                      奥社の駐車場から歩きだしてすぐのところで

                      6月21日(昨日)付けで、

                      「一不動から先の帯岩で崩落があった為、八方睨を往復してください」(要訳)

                      と注意看板が設置されていたので、

                      今日も単純に考えると、八方睨往復をするしかない

                      剣の刃渡りを終えたところで、後続の方の声が聞こえたので

                      八方睨(1900m)でその方たちが登ってこられるのを待った。




                      10:30 今日は、ここ一番乗りかな?

                      西岳方向に向かった人がいるかもしれないので

                      それはわからない。

                      とりあえず、誰もいない。


                      ・・・・・

                      声はするけど・・・

                      ・・・・・

                      なかなか来ない・・・



                      じきに1時間も経ってしまうので、下山することにする。



                      蟻ノ戸渡りの向こう側に登山者が見えたので聞いてみた。

                      「こちらに来られますか?」

                      「行きません」結構即答だった。

                      なにかあったのかな・・・

                      ??・・

                      蟻ノ戸渡りを終えたところで遭難事故が起きていた事を知った。

                      仲間の方がどなたかに携帯電話で遭難の状況を説明していた。

                      登山届と山岳保険の話が聞こえてきた。




                      百間長屋のあたりで
                      やっと青空が広がってきた。


                      奥社をすぎ、杉並木を歩いていると、ヘリコプターが飛んできた。

                      しばらくホバーリングをしていたが・・・・





                      ・・・

                      命・・・

                      ・・・
























                      登山 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      リハビリ その3 九十九草

                      0
                         
                        ツクモグサ


                        ヒメイチゲ


                        ハクサンイチゲ


                        ツガザクラ


                        コメバツガザクラ


                        シロバナノヘビイチゴ


                        クモマナズナ


                        キバナシャクナゲ


                        オヤマノエンドウ


                        イワウメ














                        イェイ





                        登山 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                        PR
                        RECENT COMMENTS
                        CATEGORIES
                        MOBILE
                        qrcode
                        PROFILE