まだまだ登り隊

好きなことはトコトコ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |
    << 2012 ツールド長野 その3 | main | 2012 ツールド長野 その5 >>

    2012 ツールド長野 その4

    0
       トイレ!トイレ!

      夜道をヘッドランプつけて横断
      しかもザック背負っているし
      道行く車からもセブンのお客さんも
      「何なんいったい」って目で見られても・・・

      トイレ!トイレ!

      「ふ〜間にあった〜

      時刻ちょうど22時


      ちゃんとお買いものもしますからね、
       ウイダーとゆで卵 いただきま〜す。
      ここで、T賀さんとお別れ、また会いましょうね


      さて、臥竜山に向かいましょう〜
      あれ山頂の標 新しくなってる!(22:56)
      これがないと、どこが山頂だかわからないです

      では、天徳寺に向かいましょう〜

      あれ?無人エイドは?
      本部からメールでエイドがなくなった連絡来ていたのに
      確認していませんでした。スイマセン。


      いざ、明覚山!その先には、まゆちゃんが待っている!

      そう思わないと、第6エリアに、足が向かない。

      なぜなら、時間が経過するほどに
      明覚山の登山道がヤバイ事になっている事が想像できたから。

      トレースがあるので、道を外すことはまずない。


      でも、寝ぼけていたら、右側にも左側にも転げ落ちてしまう、そんな場所。



      明覚山山頂0:59着

      問題は、下りだ。

      単独では危ない場所そして時間帯。

      私の後ろの選手は、頑強な方だったのでいらぬ心配だけど
      それでも振り返り、
      ヘッドランプの灯りが見える事を確認しながら進んだ。

      再び坂田山(1:26)

      鎖を頼りに強引に下る。

      鎌田山通過

      急坂を下り、

      6A 市民体育館 に無事 下山 (2:14)

      長かった、私にとっての第2ステージ(奇妙山→太郎山→明覚山)が終わった。

      S条さんがハイタッチで迎えてくれた
      まゆちゃんとは、ハグハグ



      TOSHIちゃんとI籐さん 健脚コンビ!

      まゆちゃんが、梅干しのおかゆを作ってくれました。
      GAKUさんは玉子入りうどんを作ってもらって食べています。
      それを見たら、「食べさせて〜」とか言ってもらっちゃいました。
      バナナもパクパクっ
      食べれるって幸せ

      S条さん まゆちゃん、待っていてくれて ありがとう
      ごちそうさまでした

      行ってきます!

      第3ステージに向けて出発です。

      すでに80キロは越えている。
      でも気力は、全然大丈夫、まだ行ける。

      それに もしかして、三登山まで行けるかも・・・
      炭水化物が摂れたから、脳みそが働きだした。
      今2時40分・・・小布施に・・・岩松院に6時・・・平出に・・・

      そう思ったら、ゆっくりだけど走っていた。

      それにしても、かなりの冷え込みなのだろう。
      舗装路がところどころツルツル。
      松川の橋の上は、スケートリンク化していて、高級車が縁石を片輪こえて立ち往生
      ノーマルタイヤじゃどうしようもない状態。
      歩道だけは、気をつければ走れた。

      雁田山登山口着3:44山道になると今回初めて眠気が襲ってきた。
      そのおかげで山頂が遠く感じた(4:36)

      山頂を越えた辺りから、7Aの岩松院に6時までに到着できる事が見えてきた。
      だとすると・・・
      平出に2時間で行けるか?
      そんな計算をしていると眠気は吹っ飛んだ。

      7A岩松院到着(5:50)



      マッチ―さんが
      「まずお茶を1杯飲みますかね」
      体に温かさが、美味しさと一緒にしみ込んだ〜
      わけのわからない、あんまり根拠の無い、気力がメラメラ!?湧き上がってきた。
      マッチ―さんマジックか

      「行きます
      お二人のスタッフに感謝し、完全完走に向け、進む。(6:00)

      完走 その思いだけで、走っていた。
      本当に早歩きと同じぐらいだけど、気持ちは走っていた。










      トレラン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        この記事に対するトラックバック
        PR
        SELECTED ENTRIES
        RECENT COMMENTS
        CATEGORIES
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE